植物百般 インタビュー
「チェルシーフラワーショウに行こう!」(その4)
JGN理事 花咲園芸総研代表 舘林正也 

syokubutsuhyappan2-top-766-150

インタビューシリーズ第2弾は、舘林正也理事の登場です。日本でもよく知られるようになった、英国のチェルシーフラワーショウ。2016年も5月24日から5日間開催されました。華やかなショウの舞台裏から、ガーデナー目線のトレンドレポート、他では聞けない裏話まで、こっそり聞いてみませんか?

► 舘林 正也(たてばやし まさや)
10年間の銀行勤務後、園芸に目覚め渡英。英国北東部の園芸学校で基礎を学び、ケンブリッジ大学植物園、王立植物園キューガーデンなど7年間にわたり研鑽をつむ。キューディプロマ修了。帰国後はフリーランスの園芸コンサルタントとして園芸の愉しさ、植物の素晴らしさを広めるべく活動中。英国王立園芸協会(RHS)主催のチェルシーフラワーショウは、プレスデイに入場し最旬トレンドを体感している。
「チェルシーフラワーショウに行こう!」(その4)

►( チェルシーフラワーショウに行こう!)を初回から読む

何度見に行っても、新たな発見や驚きに満ちているチェルシーフラワーショウ。2016年のトピックスとは?

JGN事務局スタッフ(以下JGNで表記):
他に今年のトピックスはありましたか?

舘林:
会場となるチェルシー・ロイヤル・ホスピタルは、退役軍人の病院施設の一部を使っています。今年は、その病院前が、世界中から集まった編み物の赤いポピーで埋め尽くされました。戦没者を追悼する意味があるんですが、様々なメッセージが発信されるというのも、チェルシーフラワーショウらしいです。

チェルシーフラワーショウに行こう!ロイヤル・ホスピタルの前が真っ赤に染まっています

ロイヤル・ホスピタルの前が真っ赤に染まっています

ここから先のコンテンツを閲覧するためにはログインください。

►ログイン

JGN会員になるとログインするための【発行PW】を記載したメールをお送りします。
会員様で【発行PW】がわからない場合はwebmaster2@gardenersnet.or.jpまでご連絡ください。 ►会員になるにはこちらから詳細をご覧ください。