2019年10月20日
『千葉県の外来植物』
千葉県立中央博物館ミュージアムトーク
講師:御巫 由紀氏

2019年10月20日『千葉県の外来植物』千葉県立中央博物館ミュージアムトーク 講師:御巫 由紀氏

ナルトサワギク(和歌山県で撮影)
千葉県では一時問題になった特定外来生物ですが、地道な駆除作業によりほぼ絶滅に近づいてきたのではないかと思われる、成功例のひとつです。
千葉県立中央博物館について

千葉県立中央博物館は、千葉県の自然と歴史について学べる総合博物館です。隣接する生態園では,房総の代表的な自然が再現され、動植物の生態を身近に観察することができます。動物、植物、地学、歴史、生態、環境の各分野の資料を収集・整理・保存するとともに調査・研究を行っています。活動の成果は、講座・観察会、展示や研究報告等などをとおして広く紹介しています。

ミュージアムトークとは

千葉県立中央博物館では土曜・日曜・祝日の11:00~11:30と14:30~15:00に「ミュージアム・トーク」を行っています。これは、展示室や収蔵庫・生態園において研究員がお客様に直接解説するもので、研究成果を伝える一つの場となっております。研究員との対話のなかで、博物館をさらに身近なものにしていただければと思います。所要時間は約30分間で、参加費は無料です。(入場料は必要)お気軽にご参加ください。

千葉県の外来植物
公式HP http://www2.chiba-muse.or.jp/www/NATURAL/contents/1521768482583/index.html
講師 千葉県立中央博物館 自然誌・歴史研究部 資料管理研究科長 御巫 由紀氏
►御巫 由紀さんの会員情報マイページはこちらから
内容 千葉県で見られる注意すべき外来植物について解説します。
開催日時 2019年10月20日(日) 11:00~11:30/14:30~15:00
開催場所 千葉県立中央博物館 生物の分類展示室
〒260-8682 千葉県千葉市中央区青葉町955-2
TEL:043-265-3111
FAX:043-266-2481
開館時間:9:00~16:30(入館は16:00まで)
►ご利用案内はこちらから
参加方法 開催当日の開始時刻(11:00または14:30)までに入場券売り場前にお集まりください。定員のある場合は開始時刻15分前(10:45または14:15)から受付を行い、定員に達した段階で締め切らせていただきます。
※ミュージアムトークの会場は、展示室内だけでなく、屋外が会場になる場合もありますが、すべての日程で入場券売り場が集合場所となります。
情報提供 千葉県立中央博物館 自然誌・歴史研究部 資料管理研究科長 御巫 由紀様
Gadenet(ガデネット)会員情報マイページ:https://gadenet.jp/yuki.mikanagi/