ガーデニング・園芸を楽しむJGNのコミュニティサイト

株式会社 樹芸
紹介ページ
※HPリニューアルしました!

株式会社 樹芸 紹介ページ 姫柿
株式会社 樹芸 紹介ページ 姫柿

樹の形は人間が作るのではなく、樹自身(自然)が創造するもの。自然な雰囲気になるよう樹の手助けをし、鋏作りにこだわっています。

株式会社 樹芸 紹介ページ 山口安久
山口安久 プロフィール

1944年東京都豊島区に生まれ、疎開地長野県に育つ。1967年大宮市盆栽町、1976年月刊「自然と盆栽」で盆栽修業。
1971年柏市に「柏芳園」開園。1980年頃、日本初の庭園盆栽美術館“瑞祥苑”設立に携わる。
1982年より3期8年日本盆栽協同組合理事を務める。
1983年より35年間、宮内庁盆栽手入れに参加し今日に至る。
1985年中国より姫柿導入。現在、(株)樹芸代表取締役・姫柿を育てる会主宰。

►山口安久作品はこちらから
►姫柿の種類(品種一覧)はこちらから

“好い人に出会い、佳い物に出合った時、人は感動して幸せ気分になります。
そればかりか、時には、人生を変えることにもなります。姫柿の可憐な実姿に魅せられて、夢中で育てて十五年が経ちました。
故郷の中国を離れ、日本の風土にも馴れた姫柿たちは、今とても元気です。
私の身勝手な育て方にも、黙って耐えていてくれます。恩返しに小さな一冊、を創り、姫柿紹介の第一弾となりました。
この「姫柿」をご覧いただいて、一人でも多くの方に、育て可愛がっていただけることを願っています。”
(山口安久著「姫柿」より・アートディレクション亀甲 健)

姫柿を育てる会

 手のひらに納まるほど小さな柿。その原木は中国・浙江省の山奥に自生していたものです。
日本に導入して以来20余年。赤味・黄味、長実・丸実など多様な個体変異をみせるこの柿を“姫柿”と名づけ、更に一つ一つに品種名を与えて、丹精に丹精を重ねてきました。また現在では、異種交配や実生により全く新しい特性を持つ新たな樹種も誕生してきています。

「姫柿を育てる会」とは、年輪を重ね風格を感じさせるほどになった祖木(中国から導入した原木)やその分身を大切に守り続け、思い思いの夢を託して楽しみながら「姫柿」を育て、広めようとする仲間たちの会です。 実りの秋には「姫柿展」、「姫柿まつり」等の交流イベントを催すなど、会員の皆さま一人一人と喜びを分かち合いたいと願っています。

山口まり作品

株式会社 樹芸 紹介ページ 山口まり作品

株式会社 樹芸 紹介ページ 山口まり
山口まり プロフィール

ダリアの育種家の父親の元に生まれ、ダリア栽培を手伝いながら成長する。

植物全般に興味をもち、千葉大学園芸学部で花科を専攻。
現在は、花の庭づくりや山野草・盆栽の生産に関わりながら「花を楽しむ教室(既に定員)」を主宰し、植物のすばらしさを伝えている。
「日本ダリア会」の理事を務め、60 年ぶりに出版されたダリアの専門書「ダリア百科』(誠文堂新光社)では、編集役を務めた。

►山口まり作品はこちらから

“豪華絢爛・清楚・かわいい・力強いなど、さまざまな表現で称えられるダリア。
花ばかりでなく草姿も多様なので、庭、コンテナ、それに切り花などどんなシーンでも、その魅力をいかんなく発揮してくれます。
ダリアのある生活を楽しんでください”
(ダリア (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月)より)

JGN NEWS LETTER 2020年春号 Vol.13 Comment(コメント)
JGN創立メンバー 盆栽作家 山口 安久氏
JGN創立メンバー 鋏職人 外山 秀久氏


►JGN NEWS LETTER 2020年春号 Vol.13 Comment(コメント)はこちらから

株式会社 樹芸
公式HP https://himegaki.net/
WEB SHOP https://marisflower.thebase.in/
山口まりfacebook https://www.facebook.com/mari.yamaguchi.969/
Gadenet(ガデネット)
会員情報マイページ
https://gadenet.jp/himegaki/
住所 〒277-0033 千葉県柏市増尾2-11-19
TEL 04-7173-0908
FAX 04-7173-9085
担当者名 山口 安久
山口 まり
お問い合わせメール info@himegaki.jp