LIVING WITH PLANTS

LIVING WITH PLANTS

LIVING WITH PLANTS
リビング ウィズ プランツ

植物はインドアで

もうそろそろ、部屋の中に置く植物も、普段使いのインテリアなのだと認めたい。座り慣れた椅子や長年使って味わいが出てきたテーブルと同じように。

部屋のどの場所にどんなコンテナを使って何の植物を置くかがわかりやすい写真から、ガーデンデザイナーである著者の視点が伝わってくる。

見慣れたテラコッタに限らず、サンドベージュ、グリーン、シルバー、ホワイトと、植物に合わせて鉢も色使いと質感次第なのだ。

決して奇抜ではなく、現実的な工夫に好感が持てる。

室内に植物があるだけで、心地よい雰囲気と居場所が楽に作れるなら、使わない手はない。

一般財団法人日本花普及センター発行のPR冊子「あなたがまだ知らない すごい植物のちから」によると、疲れやストレスを感じた時、自分の気に入った植物を3分間「ぼーっと」見ることでストレスは下がるのだそうだ。観葉植物の種類によっては、二酸化炭素濃度の上昇抑制や、有害揮発性有機化合物の吸収が期待できると言う。

掃除や洗濯のついでに様子を見れば、それで良い。手入れは(少しだけ)必要、(時には)枯れる。でも、見返りもありそうだ。

目次

Introduction
Rural Style
Formal Elegance
Colour and Form
Modern and contemporary
Plant Directory
List of Sources
Index
Acknowledgements

著者プロフィール
George Carter ジョージ・カーター

ガーデンデザイナー
チェルシー・フラワーショウでのゴールドメダル受賞歴を持ち、活動の場は英国のみならずEU、アメリカにも広がっている。Country Life、House and Garden、The World of Interiors、Gardens Illustratedなどの人気雑誌に寄稿する他、日常、気軽に植物を楽しむヒントにあふれた著書も多数執筆。ノーフォーク在住。

►ワクワクの本棚「緑陰の書架」はこちらから

 

LIVING WITH PLANTS
著者 George Carter
ジョージ・カーター
規格 23.5 x 1.4 x 28.5 cm 136ページ
定価 £19.99
ISBN 1-84000-181-X
発行日 2000年
発行 Mitchell Beazley
(版により、出版社・ISBN・体裁が異なる場合があります。)
ご購入はこちらから
情報提供 JGN事務局
Gadenet(ガデネット) 会員情報マイページ:
https://www.gadenet.jp/jgn/
メールアドレス info@gardenersnet.or.jp