ガーデニング・園芸を楽しむJGNのコミュニティサイト

JGN会員割引!
『日本産樹木実生図譜 Drawings of Seedlings of Japanese Woody Plants』
著者:梅林正芳氏
出版社:ウッズプレス

『日本産樹木実生図譜 Drawings of Seedlings of Japanese Woody Plants』著者:梅林正芳氏 出版社:ウッズプレス

『日本産樹木実生図譜 Drawings of Seedlings of Japanese Woody Plants』著者:梅林正芳氏 出版社:ウッズプレス

『日本産樹木実生図譜 Drawings of Seedlings of Japanese Woody Plants』著者:梅林正芳氏 出版社:ウッズプレス

日本産樹木実生図譜
Drawings of Seedlings of Japanese Woody Plants

四半世紀以上の歳月をかけた精密411図(414種)を検索表(58ページ)とともに収録。わが国屈指のボタニカルイラストレーターである著者のライフワークであり記念碑的著作。植物学、林学・林業、森林生態学関係者必携の書。(最新植物分類体系準拠)

樹木の生活史上、発芽から実生の定着までの時期は、種子に蓄えられた養分に依存する従属栄養の段階から自らの光合成活動による独立した栄養状態へと移行する時期であり、最も死亡率が高く、劇的な数の減少が見られる段階です。

この時期の実生の挙動は、後々の森林の種構成や樹木の空間分布にも大きな影響を与えるため、森林の動態を研究する上で樹木実生の定着様式に関する研究は重要な位置を占めています。しかし実際問題として、野外で樹木実生の定着過程を調べようとすると、実に多種多様な実生が発生してくるのに加え、名前が分からない実生も多くでてきます。実生の形態は親植物と大きく異なっており、特に発芽直後段階での同定は非常に難しいのが現実です。

近年では樹木の実生に関する知見は、私たちが研究を始めた1980年代の初めに比べると多くなってきています。しかしながら、日本の樹木について多様な実生形態の全体像をつかむことができる書籍はありません。

今回、私たちが共同研究をはじめて三十年近くの間に作成した膨大な標本資料をもとにして、梅林さんが描き溜めた精緻で美しい実生図が一冊の本として取りまとめられました。実生図だけでも、十分に種の同定ができるものとなっていますが、前半部分につけられている検索表を用いると、近縁種間の同定をより明確におこなうことができます。

最近はカラー写真による植物図鑑も増えてきましたが、やはり確実に種の特徴をとらえて表現するには線画が一番です。是非とも本書を参考に、樹木実生の多様な世界に足を踏み入れていただきたいと思います。(山中典和「本書序文」より)

★会員割引注文書は下部にあります!★

►ワクワクの本棚「緑陰の書架」はこちらから



日本産樹木実生図譜
Drawings of Seedlings of Japanese Woody Plants
公式HP ►書籍の詳細はこちらから
著者 梅林正芳
監修者 山中典和(監修・序文)
判型 B5変型 上製(ハードカバー)
ページ数 512ページ(総頁)
定価 15,000円+税
出版社 ウッズプレス
ISBN 978-4-907029-07-4
ご購入はこちらから amazonでのご購入はこちらから
株式会社 ウッズプレス
公式HP http://www.woodspress.co.jp/
Gadenet(ガデネット)
会員情報マイページ
https://gadenet.jp/woodspress/
住所 〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原4638-1
TEL 0465-46-6327
FAX 0465-46-6337
担当者名 代表 森 弦一
お問い合わせメール info@woodspress.co.jp

★以下に会員割引注文書があります!ダウンロードして必要事項をご記入の上、お申込みください★

ここから先のコンテンツを閲覧するためにはログインください。

►ログイン

JGN会員になるとログインするための【発行PW】を記載したメールをお送りします。
会員様で【発行PW】がわからない場合はwebmaster2@gardenersnet.or.jpまでご連絡ください。 ►会員になるにはこちらから詳細をご覧ください。
2023年3月27日~今JGNにご入会の方へ 春・秋にまける!花の種子5種類プレゼント《エフメールナガモリ様ご提供》