2018年10月20日~21日
セラミック アート ビゼン 閑谷
Ceramic Art Bizen in Shizutani

2018年10月20日~21日セラミックアートビゼン閑谷Ceramic Art  Bizen in Shizutani

英国ウィッチフォード・ポタリーのポッターも来日予定!
備前焼と新たなジャンルのコラボレーション
由緒正しき特別史跡旧閑谷学校でイベント開催

岡山県備前市で毎年10月に行われる、備前焼まつり。JR伊部駅周辺にあるお店をはじめ、窯元のテントや屋台で、さまざまな備前焼を見て購入できる一大イベントです。今年は同時に「セラミック アート ビゼン 閑谷」と題した特別企画が開催されます。その舞台は、特別史跡旧閑谷学校。10月20日(土)・21日(日)の2日間、旧閑谷学校では、国内外の作家の作品展示販売や、ワークショップが行われます。

〈生命〉をテーマとしたこのイベントは長い年月引き継がれ守られてきた歴史や文化、伝統が新たなジャンルとコラボレーションをすることで作り手の魂が入り込み、そこにしか存在しないものへと姿を変え、備前焼の新たな魅力が体感できる企画となっています。

私がセールスアドバイザーを務めている、英国ウィッチフォード・ポタリーからも、ジム・キーリングとポッターのサイモンが、2015年から続いている、備前焼×オックスフォード大学×ウィッチフォードのコラボレーション、穴窯プロジェクトによる作品と共に来日予定。旧閑谷学校の庭に、オブジェ型のフラワーポットに植栽をした作品を展示する他、ポットやマグカップの販売、ワークショップも実施。英国人ポッターと一緒にオリジナルポットを作れます!

イベント期間中は、備前焼まつりの会場、JR赤穂線伊部駅と旧閑谷学校の間を無料シャトルバスが運行しますので、どうぞご利用ください。皆さまのお越しをお待ちしています。

*旧閑谷学校(Special historic spot, former Shizutani school)とは?・・・江戸時代前期の寛文10年(1670年)に岡山藩主池田光政によって創建された、現存する世界最古の庶民のための公立学校です。2015年には、最初の日本遺産に認定されました。

セラミックアートビゼン閑谷
案内リーフレットダウンロード

►セラミックアートビゼン閑谷イベントサイトへはこちらから

2018年10月20日(土)・21日(日)開催
陶芸ワークショップ
内容 ポッター達と一緒に、ウィッチフォードポタリーの石膏型やルーレットなどを使ってオリジナルポットを作りませんか?
ゲスト講師 ウィッチフォードポタリー ジム、サイモン(予定)
日時 2018年10月20日(土)
午前の部 10:00~11:30
午後の部 13:30~15:30

2018年10月21日(日)
午前の部 10:00~11:30
午後の部 13:30~15:30

開催場所 青少年教育センター閑谷学校プレイホール 
〒705-0036 岡山県備前市閑谷784
TEL:0869-67-9900 FAX:0869-67-1645(保存会事務局)
参加料 サイズ小 3,500円/中5,000円/大10,000円~
*出来上がった作品は、備前の登り窯で焼成し、2019年春頃発送予定。
定員 各回 15名
お申込み メール:bizenwhichford@zoho.com
9/1(土)より受付開始
お問い合わせ 備前アートプロジェクト実行委員会事務局
〒705-8602 備前市東片上126番地 備前市文化振興課内
TEL:0869-64-1837
2018年10月21日(日)開催
Bizen×Whichfordを使った多肉植物の寄せ植え
内容 備前焼とウィッチフォードポタリーのコラボレーションによって生まれたポットに、多肉植物を寄せ植えします。
日時 2018年10月21日(日)
10:00~11:00
開催場所 青少年教育センター閑谷学校プレイホール横テラス 
〒705-0036 岡山県備前市閑谷784
TEL:0869-67-9900 FAX:0869-67-1645(保存会事務局)
料金 3,500円(鉢・材料費込み)
定員 20名
お申込み メール:bizenwhichford@zoho.com
9/1(土)より受付開始
お問い合わせ 備前アートプロジェクト実行委員会事務局
〒705-8602 備前市東片上126番地 備前市文化振興課内
TEL:0869-64-1837
情報提供
ウィッチフォード公式セールスアドバイザー 田中 美紀様
Blog:『Whichfordに恋をして』http://wfpottery.exblog.jp/
Gadenet(ガデネット)会員情報マイページ:
https://www.gadenet.jp/mikitanaka/