基礎から学べる「はなとやさい」づくりの園芸用語事典
著者:肥土邦彦

基礎から学べる「はなとやさい」づくりの園芸用語事典 著者:肥土邦彦

いきなりですが、ここでクイズです。
Q:植物を植える場所にどうして石灰をまくのでしょうか?

植え方・育て方の本、テレビ番組ではほとんどの場合「植物を植える前に石灰をまいて、土を耕しましょう」と言われるけれど、どうしてって考える前にまいていませんか?そんな「なぜそうするのか?どうしてそうなるのか?」をわかりやすく説明している本書。家族や友人に「ねえ、知ってる?」と自慢したくなる知識が満載です。

クイズの答えは・・・「植物の多くは、弱酸性でよく生育します。(中略)日本の土壌の多くは、火山灰土壌で酸性に傾いていることがあり、植物を栽培する前に石灰資材を施して中和することがあります。(本書220ページ)」でした。

でも、ただただ石灰をたくさん施せば良いわけではなく「石灰は植物を栽培するときに機械的に施すものではありません。(中略)石灰を施し過ぎてしまったときにも、植物は正常な生育をすることはできません。(同じく本書220ページ)」
そう、過ぎたるは及ばざるが如しなのです。本当は、自分が植物を植えようとする土壌の酸度を調べてからするべき作業なんですね。詳しくは、ぜひ本書で。

►ワクワクの本棚「緑陰の書架」はこちらから

 

基礎から学べる「はなとやさい」づくりの園芸用語事典
著者 肥土邦彦
規格 21 x 14.8 x 2 cm 239ページ
定価 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4416713617
発行日 2013年8月21日
発行 株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
http://www.seibundo-shinkosha.net/
ご購入はこちらから
情報提供 JGN事務局
Gadenet(ガデネット) 会員情報マイページ:
https://www.gadenet.jp/jgn/
メールアドレス info@gardenersnet.or.jp