ガーデニング・園芸を楽しむJGNのコミュニティサイト

NURSERIES vol.31
ニイクラファーム

NURSERIES vol.31 ニイクラファーム

NURSERIES vol.31 ニイクラファーム 新倉庄次郎さん(右)と大次郎さん(左)
新倉庄次郎さん(右)と大次郎さん(左)
シェフも訪れる圃場

 有名レストランのシェフが自らハーブを求めてやってくるニイクラファーム。300坪あまりのハウスが連なり、露地でもハーブと野菜を栽培している圃場 1 は、新宿から約20分の住宅街に位置する。新倉庄次郎さんと大次郎さん親子には、ハーブ関連のイベントで講師を務めてもらったことがあり、圃場を訪れるのも数回目になる。栽培されているハーブや野菜を見ているだけでも楽しく、風に乗って爽やかなハーブの香りが漂ってくる。

NURSERIES vol.31 ニイクラファーム スペアミント Mentha spicata などが生き生きと育っている圃場
1 スペアミント Mentha spicata などが生き生きと育っている圃場
ハーブづくりへの転換

 庄次郎さんは畑作農家の3代目で、ダイコンなどを出荷していたが、43歳の時に腰を痛めたのがきっかけで、軽い作物の方が出荷作業の負担が軽減されると考え、ハーブ栽培を始めた。都市部にある限られた面積の農地で、さまざまな種類のハーブを組み合わせてできることも魅力的だった。当初は、イタリアンパセリ、バジル、セージ 24 など10数品目を栽培し、やがて需要に合わせて一年中出荷できるようにした。大手スーパーへの納品では、ハーブを花束のように包んで高級感を出し差別化を図り、消費者のハーブへの関心・人気の高まりもあって、出荷は順調だった。

NURSERIES vol.31 ニイクラファーム イタリアンパセリ Petroselinum neapolitanum
2 イタリアンパセリ Petroselinum neapolitanum
NURSERIES vol.31 ニイクラファーム バジル Ocimum basilicum
3 バジル Ocimum basilicum
NURSERIES vol.31 ニイクラファーム セージ Salvia officinalis
4 セージ Salvia officinalis
人とのつながりで広がるハーブ

 1990年代、バブル崩壊で取引先の大手スーパーが商品の見直しをはかり、ハーブを撤去する話が持ち上がる。ちょうど新たにビニールハウスを建てて投資したところでピンチに直面するが・・・

ここから先のコンテンツを閲覧するためにはログインください。

►ログイン

JGN会員になるとログインするための【発行PW】を記載したメールをお送りします。
会員様で【発行PW】がわからない場合はwebmaster2@gardenersnet.or.jpまでご連絡ください。 ►会員になるにはこちらから詳細をご覧ください。
秋のJGN入会プレゼントキャンペーンRHS ADDRESS BOOK