NURSERIES vol.17
真鍋庭園

NURSERIES vol.17 真鍋庭園

NURSERIES vol.17 真鍋庭園 眞鍋憲太郎さん(園内のお気に入りの場所で)
眞鍋憲太郎さん(園内のお気に入りの場所で)
樹木のモデルルーム

 帯広駅から車で約15分、両側に住宅街が続く国道から程近い場所に、コニファーをはじめとする樹木の生産で全国的に知られる、真鍋庭園の木々が茂ったエリアが見えてきた。代表の眞鍋憲太郎さんの話を聞くたびに興味をひかれ、長年訪れたいと考えていたナーセリーだ。園の入り口付近には、さまざまな種類のコニファーが植栽され、来園者を迎える。約25,000坪の広さを誇る園内は、日本庭園、西洋風庭園、風景式庭園とあり、コニファーはもちろん、樹高や樹形、葉色など変化に富んだ、さまざまな種類の樹木が植栽されていて、まさに樹木のモデルルームだ 14

NURSERIES vol.17 真鍋庭園 異国情緒を醸し出す赤屋根の家と植栽
1 異国情緒を醸し出す赤屋根の家と植栽
NURSERIES vol.17 真鍋庭園 庭園のさまざまな色・樹形の木々
2 庭園のさまざまな色・樹形の木々
NURSERIES vol.17 真鍋庭園 葉色の対比が美しいリバースボーダーガーデン
3 葉色の対比が美しいリバースボーダーガーデン
NURSERIES vol.17 真鍋庭園 中央の Salix alba ‘Tristis’は、前年枝が鮮やかな黄色で枝垂れる姿が雄大
4 中央の Salix alba ‘Tristis’は、前年枝が鮮やかな黄色で枝垂れる姿が雄大
代々続く耐寒性樹木の生産

 真鍋庭園は、1896年に憲太郎さんの高祖母と曽祖父母が開拓のために入植したのがルーツで、曽祖父がカラマツやアカエゾマツ等の山林苗をつくり始めたという。祖父も山林苗を生産していたが、北米やヨーロッパを訪れ、さまざまな樹木の種子を購入。その中のコロラドトウヒの種子を蒔いたところ、

ここから先のコンテンツを閲覧するためにはログインください。

►ログイン

JGN会員になるとログインするための【発行PW】を記載したメールをお送りします。
会員様で【発行PW】がわからない場合はwebmaster2@gardenersnet.or.jpまでご連絡ください。 ►会員になるにはこちらから詳細をご覧ください。
2018年8月6日~先着順 JGN初秋の入会キャンペーン実施中!新規ご入会の方にビオラ・ラブラドリカViola labradoricaの種子をプレゼント! はるはなファーム様ご提供