JGN NEWS LETTER 2019年春号 Vol.10(その2)
特集記事
江戸時代の「花育」
―おもちゃ絵で花を学んだ子どもたち
太田記念美術館主席学芸員・JGN創立メンバー
日野原 健司氏

JGN NEWS LETTER 2019年春号 Vol.10(その2) 特集記事 江戸時代の「花育」 ―おもちゃ絵で花を学んだ子どもたち 太田記念美術館主席学芸員・JGN創立メンバー 日野原 健司氏

太田記念美術館主席学芸員・JGN創立メンバー 日野原 健司

JGN NEWS LETTER 2019年春号 Vol.10(その2) 特集記事 江戸時代の「花育」 ―おもちゃ絵で花を学んだ子どもたち 太田記念美術館主席学芸員・JGN創立メンバー 日野原 健司氏

JGN NEWS LETTER 2019年春号 Vol.10(その2) 特集記事 江戸時代の「花育」 ―おもちゃ絵で花を学んだ子どもたち 太田記念美術館主席学芸員・JGN創立メンバー 日野原 健司氏
► 日野原 健司(ひのはら けんじ)
1974年生まれ。千葉県出身。慶應義塾大学大学院文学研究科前期博士課程修了。現在、太田記念美術館主席学芸員、慶應義塾大学非常勤講師。
江戸時代から明治時代まで、浮世絵の歴史を幅広く研究しつつ、妖怪や園芸、旅といったジャンルの研究にも取り組んでいる。太田記念美術館にて「江戸園芸花尽し」展(2009年)を担当。著書に『浮世絵でめぐる江戸の花』 (平野恵氏との共著、誠文堂新光社)、『ようこそ浮世絵の世界へ』(東京美術)など。

 近年、園芸にまつわる浮世絵が注目され、各地で展覧会が開催されています。江戸時代の人々の園芸に対する熱気を伝えてくれるそれら浮世絵の中に、「おもちゃ絵」というジャンルがあるのをご存知ですか?もともと子供用につくられたものですが、園芸や庭関連の事物が描かれたものも多く存在します。浮世絵研究が専門の日野原 健司さんの解説で、おもちゃ絵を通して当時の「花育」、さらには園芸文化の高さを垣間見ていただければ幸いです。(事務局)

子供たちのための浮世絵「おもちゃ絵」

 サクラ、マツ、ウメ、キク、アサガオ。さらには、ソテツ、サボテン、フクジュソウ。植木鉢に植えられたさまざまな種類の園芸植物たちが、画面を埋め尽くすように並んでいます 1 。色も鮮やかで可愛らしく、このまま包装紙のデザインにも使えそうです。
 実はこちらの絵、・・・

JGN NEWS LETTER 2019年春号 Vol.10

►JGN NEWS LETTER 2019年春号 Vol.10(その1)
Comment(コメント)
JGN創立メンバー ガーデナー 小澤 文子氏
JGN創立メンバー ガーデナー 天野 麻里絵氏

►JGN NEWS LETTER 2019年春号 Vol.10(その2)
特集記事 江戸時代の「花育」―おもちゃ絵で花を学んだ子どもたち
太田記念美術館主席学芸員・JGN創立メンバー 日野原 健司氏

►JGN NEWS LETTER 2019年春号 Vol.10(その3)
第1回 思い出のボタニカルアート
ウォルター・フッド・フィッチ作、石版手彩色『ユリ属の研究』より

JGN創立メンバー オランジェリー・コレクション 代表 大根 恒子氏

►JGN NEWS LETTER 2019年春号 Vol.10(その4)
JGNインフォメーション

►JGN NEWS LETTER 2019年春号 Vol.10(その5)
ダウンロード

ここから先のコンテンツを閲覧するためにはログインください。

►ログイン

JGN会員になるとログインするための【発行PW】を記載したメールをお送りします。
会員様で【発行PW】がわからない場合はwebmaster2@gardenersnet.or.jpまでご連絡ください。 ►会員になるにはこちらから詳細をご覧ください。
秋のJGN入会プレゼントキャンペーンRHS A Gardener's Five Year Record Book 2000