植物百般 インタビュー
「ニュージーランドのバラ事情」(その1)
JGN創立メンバー 御巫由紀 

植物百般 インタビュー「ニュージーランドのバラ事情」(その1) JGN創立メンバー 御巫由紀 

バラというと、英国をはじめフランスやドイツなど、ヨーロッパで盛んに栽培されているイメージが強いかもしれませんが、バラに魅せられた愛好家が大勢いるのは、南半球も例外ではありません。でも、日本には情報があまり入ってきていないのが現状で、ニュージーランドのバラ事情はベールに包まれています。2015年にニュージーランドを旅した御巫由紀さんから、現地のちょっと特殊な事情を伺ってみましょう。
植物百般 インタビュー「ニュージーランドのバラ事情」JGN創立メンバー千葉県立中央博物館主任上席研究員/生物多様性センター 御巫由紀
► 御巫 由紀(みかなぎ ゆき)
千葉県立中央博物館主任上席研究員 千葉県生物多様性センター副主幹
千葉大学自然科学研究科博士課程修了、農学博士。千葉大学非常勤講師。世界バラ会連合ヘリテージローズ保存委員会委員長、NPOバラ文化研究所理事、国営越後丘陵公園国際香りのバラ新品種コンクール審査委員。
植物分類学が専門で、千葉県立中央博物館で植物の標本、貴重書・絵画等の資料管理を担当するかたわら、バラの野生種の分類と自生地の現状、品種改良の歴史を探る。毎年、春から初夏にかけてはバラの花を求めて国内外を巡るとともに、バラを中心とした講演会等で講師を務める。2018年3月には監修と文を担当した「魅惑のオールドローズ図鑑」が世界文化社より発行される。JGN創立メンバー。
「ニュージーランドのバラ事情」(その1)

JGN事務局スタッフ(以下JGNで表記):
自生地訪問や、バラに関わる会議出席などで、お忙しくしていらっしゃると聞いています。今回は、日本に住む私たちがあまり知る機会のない、南半球ニュージーランドのバラ事情を伺えるので、楽しみにしていました。

御巫:
少し前になりますが、2015年11月21日から12月6日まで合計16日間、ニュージーランドを旅してきました。

JGN:
日本とは季節が逆になるわけですから、バラは見頃の時期ですか?

御巫:
そうですね。ニュージーランドヘリテージローズ会の方々が、私を講師として招いてくださったのです。国際ヘリテージローズ会議が、2012年に千葉県佐倉市で開催された時には、現会長(2015年時点)のサリー・アリスンさんが講義をされました。

御巫:
ニュージーランドのバラと聞いて、どんなイメージが浮かびますか?

JGN:
昔はブリティッシュ・コモンウェルスと呼ばれていた所ですから、英国に似たバラの種類や植栽を想像します。

御巫:
19世紀前半以降、移民と一緒に英国からバラがたくさん持ちこまれたようです。

JGN:
以前、ニュージーランドのオープンガーデンを写真で見たことがありますが、植栽にはバラがたくさん植えられていました。

御巫:
英国だけでなく、欧米各国からさまざまな品種が導入されました。でも今は、国外からの動植物の導入が制限されているので、海外で発表される新品種をニュージーランドで栽培することは、ほぼ不可能なんです。

JGN:
バラ好きにはつらい!私たちは、園芸店やオンラインショップで欧米の品種を購入できますが、状況が全く違うのですね。

御巫:
世界のバラから隔絶されているような状況です。そんな中、厳密な植物防疫の検査を受ける手間暇を惜しまず、少しずつではあるけれど新しいバラを導入しているナーセリーがあります。

JGN:
どんなナーセリーでしょう?

ここから先のコンテンツを閲覧するためにはログインください。

►ログイン

JGN会員になるとログインするための【発行PW】を記載したメールをお送りします。
会員様で【発行PW】がわからない場合はwebmaster2@gardenersnet.or.jpまでご連絡ください。 ►会員になるにはこちらから詳細をご覧ください。
2018年7月3日~7月22日 JGN夏の入会キャンペーン実施中!新規ご入会の方にBurgon&Ball社製のバケツをプレゼント!