植物百般 インタビュー
「長生蘭 超入門」(その2)
創立メンバー 日本長生蘭連合会常任理事 宇多川 智勝

もともと日本に自生していて、古くから親しまれてきた伝統を持つ園芸植物なのですが、「長生蘭」と聞いて、どんな植物かわかる人は残念ながら今は少ないかも知れません。でも、そのユニークな形状と香りの良い花だけでなく、この植物にまつわる文化にも、私たちが知らなかった魅力がたくさん詰まっていそうです。全く知識のなかった事務局スタッフが、わからないことを尋ねていきます。

植物百般 インタビュー 「長生蘭 超入門」(その2) 創立メンバー 日本長生蘭連合会常任理事 宇多川 智勝

► 宇多川 智勝(うだがわ ともかつ)
日本長生蘭連合会常任理事 
JGN創立メンバー

第7回JGN音羽サロン「伝統園芸植物を育ててみよう!~長生蘭の植え替え実習と栽培法~」
第7回JGN音羽サロンでは、長生蘭の植え替え実習(注)をしました。

(注)当会事務所で行われるサロン。会ってみたい人に膝突き合わせて話を聞いちゃおうという、現代版寺子屋企画。いわゆる講義ではなく、講師と参加者の闊達な会話で進められます。2017年12月以降のサロンは現在鋭意企画中。決定次第、以下の『JGN音羽サロンについて』のページにてご案内していきます。

►『JGN音羽サロンについて』を見る
►第7回JGN音羽サロン「伝統園芸植物を育ててみよう!~長生蘭の植え替え実習と栽培法~」

「長生蘭 超入門」(その2)

宇多川:
それではここで、皆さんに実習で植え替えてもらった紅木田を見てみましょう。

JGN事務局スタッフ(以下JGNで表記):
この日本長生蘭連合会の冊子表紙は、立派な「紅木田」ですね。

植物百般 インタビュー 「長生蘭 超入門」(その2) 創立メンバー 日本長生蘭連合会常任理事 宇多川 智勝 宇多川さんが出品した紅木田が表紙を飾った、日本長生蘭連合会の冊子。平成24年度のもの。

宇多川さんが出品した紅木田が表紙を飾った、日本長生蘭連合会の冊子。
平成24年度のもの。

宇多川:
たまたま私が出品したもので、賞をいただきました。

JGN:
この品種は、日本長生蘭連合会の品種登録審査を経て認められた“長生蘭”ということですね。

宇多川:
この「紅木田」という品種は、江戸時代天保年間には既に存在していました。品種登録の審査を受けたというより、古来から伝承されているので、当然無審査登録されているということになります。初心者もつくりやすい、丈夫な品種です。葉は緑色の縁取りで、真ん中は白くなっています。

JGN:
よく見ると、筋のように緑色が入っていますね。

宇多川:
これは、中斑と言います。で、この緑色の筋がなくなり白のみとなると中透けと言います。

JGN:
緑色がなくなるんですか??

ここから先のコンテンツを閲覧するためにはログインください。

►ログイン

JGN会員になるとログインするための【発行PW】を記載したメールをお送りします。
会員様で【発行PW】がわからない場合はwebmaster2@gardenersnet.or.jpまでご連絡ください。 ►会員になるにはこちらから詳細をご覧ください。
2018年1月10~31日 JGN入会プレゼントキャンペーン 第16回クリスマスローズの世界展ペア招待券