植物百般 インタビュー
「チェルシーフラワーショウに行こう!」(その1)
JGN理事 花咲園芸総研代表 舘林正也 

syokubutsuhyappan2-top-766-150

インタビューシリーズ第2弾は、舘林正也理事の登場です。日本でもよく知られるようになった、英国のチェルシーフラワーショウ。2016年も5月24日から5日間開催されました。華やかなショウの舞台裏から、ガーデナー目線のトレンドレポート、他では聞けない裏話まで、こっそり聞いてみませんか?

► 舘林 正也(たてばやし まさや)
10年間の銀行勤務後、園芸に目覚め渡英。英国北東部の園芸学校で基礎を学び、ケンブリッジ大学植物園、王立植物園キューガーデンなど7年間にわたり研鑽をつむ。キューディプロマ修了。帰国後はフリーランスの園芸コンサルタントとして園芸の愉しさ、植物の素晴らしさを広めるべく活動中。英国王立園芸協会(RHS)主催のチェルシーフラワーショウは、プレスデイに入場し最旬トレンドを体感している。
「チェルシーフラワーショウに行こう!」(その1)

植物百般 インタビュー「チェルシーフラワーショウに行こう!」JGN理事 花咲園芸総研代表 舘林正也

来場者の熱気もショウを盛り上げる

JGN事務局スタッフ(以下JGNで表記):
昨年に続いて、今年(2016年)もチェルシーフラワーショウ見学にいらしたんですね?

舘林:
ええ。10日間の英国出張中、公開前のプレスデイに入場してきました。チェルシーフラワーショウだけで700枚くらい写真を撮りましたよ。

JGN:
やっぱり、チェルシーは特別なフラワーショウです。

舘林:
日本国内でも、気軽に楽しめるフラワーショウがありますが、やはりチェルシーフラワーショウは世界中のガーデナーの憧れです。その年のガーデニング・トレンドを左右すると言っても過言ではありません。始まって以来、100年を越える歴史もありますし。

JGN:
日本人ガーデン・デザイナーの出展で、最近は日本でも知られるようになりました。

舘林:
そうですね。ところで、「ガーデン部門でゴールドメダル!」なんてニュースに出ますけど、ゴールドとかシルバーとかってどういうしくみで授与されるかご存知ですか?

JGN:
オリンピックのメダルと同じようなものかと思っていたんですが。

舘林:
う~ん。ちょっと違うんです。アウォード(賞)は・・・・

ここから先のコンテンツを閲覧するためにはログインください。

►ログイン

JGN会員になるとログインするための【発行PW】を記載したメールをお送りします。
会員様で【発行PW】がわからない場合はwebmaster2@gardenersnet.or.jpまでご連絡ください。 ►会員になるにはこちらから詳細をご覧ください。
2018年7月3日~7月22日 JGN夏の入会キャンペーン実施中!新規ご入会の方にBurgon&Ball社製のバケツをプレゼント!