NGSイエローブック ガーデン オープンデイ

 ポートリムは歴史的に重要な庭ではあるのですが、余り多くの訪問客があるとは言えません。というのも、繁忙期には一日三千人に達する入園者も、大半はサファリパークがお目当てだからです。お屋敷のほうでは年間50回以上結婚式が執り行われるのですが、そちらのお客さまにとっても、庭園は祝杯を挙げ写真を撮る背景、この植物がどうだとか色の組み合わせがどうと会話することもありません。

 こういった意味で、ガーデンオープンデイは私たち、ポートリム庭園部門にとっては特別な機会と言えます。庭の好きな同志に庭園散策を目的にポートリムに来て頂き、おほめの言葉やご意見を伺えるのです。ナショナルガーデンスキーム(NGS)はイギリス全国レベルの大きな組織で、チャリティ活動の一環として個人の庭や庭園を一般公開し、入場料や飲み物代などを募金として集めます。NGSが発行するこれらの参加ガーデンのガイドブックをイエローブックと呼ぶのですが、今年は3300以上の個人宅、有名庭園、市民農園、園芸学校等がその名を連ねました。NGSが公開に値するガーデンであるとする判断基準が高いので、ガーデン関係者にとってはこのイエローブックに掲載されること自体が誉あることなのです。

NGSイエローブック ガーデン オープンデイポートリムダリア花壇

A ダリア花壇

 ポートリムは今年8月15日にオープンデイを設けました。通常の日の入場料は動物園、サファリパーク込みなので、この日に限り庭園のみのイエローブック用チケットを発行します。チケットの半額がNGSへの寄附、残り半分はポートリムが属する野生動物保護団体ジョンアスピナルファンデーションへの寄附です。結果として昨年の二倍に近い95名のご来園を迎え盛況でした。ダリア満開の花壇 A がいいと言ってくださった方、花いっぱいの南テラス B でアフタヌーンティをされた方 C 、球根や鉢苗を買ってくださった方、総じて楽しんで頂けたようです。

NGSイエローブック ガーデン オープンデイポートリム南テラスへ上がるお客様

B 南テラスへ上がるお客様

NGSイエローブック ガーデン オープンデイポートリム南テラスでのお茶

C 南テラスでのお茶

「この花の名前は?」「どう育てるの?」と言ったご質問に答えながら私たちは、この庭の世話をしてきてよかったと実感しました。今年は今までなかったお褒めの言葉をいただきました。

NGSイエローブック ガーデン オープンデイポートリムロングボーダー赤の植栽

D ロングボーダー赤の植栽

「昨日シシングハースト庭園に行ったけどこっちのほうが手入れが行き届いている」
「ここのロングボーダーの植栽 D 、ちょっとグレイトディクスターを思わせるよ」
シシングハーストもグレイトディクスターも近隣のイギリス南東部で最も美しいと有名な庭園です。リップサービスとはいえ、私たちも堪能してしまいました。

►Port Lympne Gardens(ポートリム・ガーデン)の詳細はこちらから

Port Lympne Gardens
(ポートリム・ガーデン)
公式HP http://www.aspinallfoundation.org/weddings/
住所 Port Lympne Gardens, Lympne, Nr Ashford, Kent CT21 4PD UK
お問い合わせメール(日本語可) misa12grdn@gmail.com
リグデン美佐子
Gadenet(ガデネット)
会員情報マイページ
http://www.gadenet.jp/misako-rigden/
お問い合わせメール(日本語可) misa12grdn@gmail.com