【終了】2017年2月26日
JGNスペシャル・ナーセリーツアー
「三宅花卉園見学会
~次々と革命的な新品種を生み出す三宅さんによるご案内~」
普段、個人では見学できない生産現場を訪れる、貴重なチャンスです!
◆開催の様子を掲載しました!

2017年2月26日JGNスペシャル・ナーセリーツアー「三宅花卉園見学会~次々と革命的な新品種を生み出す三宅さんによるご案内~」普段、個人では見学できない生産現場を訪れる、貴重なチャンスです!

 2016年8月発行のJGNニュースレター「Nurseries」でご紹介した、三宅花卉園の見学会を開催します。
 アルストロメリアやアマリリスをはじめとする球根植物の育種・切り花生産で名高いナーセリーです。オリジナルの人気品種や新品種を三宅さんに説明いただきながら見学します。もしかしたら、まだ世に出ていない品種に出会えるかもしれませんよ。無農薬・有機栽培を目指している栽培の流儀も、きっと皆さんの参考になることでしょう。そして、今回は特別に苗や切り花の販売もしていただけることになりましたので、お楽しみに。
 露地ではまだ花が少ない季節ですが、一足早く温室の中の花々を堪能しましょう!

►JGNニュースレター「Nurseries No.1 三宅花卉園」はこちらから
►三宅花卉園様会員情報マイページ
►スペシャル・ナーセリーツアーについて

JGNスペシャル・ナーセリーツアー
三宅花卉園見学会
~次々と革命的な新品種を生み出す三宅さんによるご案内~
日時 2017年2月26日(日)
13時30分~15時30分
(雨天決行)
場所 三宅花卉園
〒297-0002 千葉県茂原市千町796
解説 JGN創立メンバー 三宅 勇氏
定員 20名(先着順)
参加費 当日現地でお支払いをお願いします。
JGN会員:2,000円
一般:3,000円
※旅行傷害保険料を含む。交通費参加者各自負担。
交通 事前に下記よりご利用交通を事務局までお知らせいただきます。
①公共交通機関ご利用の方
→JR外房線「本納」駅に集合。駅からタクシーの乗り合い(4人で乗車の場合、往復で一人当たり800円程度)で移動します。
②自家用車ご利用の方
→直接三宅花卉園までお越しください。
③上記①②以外の交通
お申込み・お問い合わせ 下記JGNまでメール・TEL・FAXにて、お名前・ご住所・お電話番号・当日ご連絡がとれる携帯番号・交通手段①~③をご記入の上お申込みください。※終了しました。
キャンセルについて キャンセルは開催日3日前まで承ります。(日曜・祝日を除く)それ以降のキャンセルは、参加費全額をお支払いいただくこととなりますので、予めご了承ください。
一般社団法人 ジャパン・ガーデナーズ・ネットワーク
公式HP http://www.gardenersnet.or.jp
facebook https://www.facebook.com/gardenersnet/
Gadenet(ガデネット)
会員情報マイページ
http://www.gadenet.jp/jgn/
住所 〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル505号
TEL 03-6902-9710
FAX 03-6902-9720
担当者 JGNスペシャル・ナーセリーツアー係
申込メールアドレス event@gardenersnet.or.jp
JGNスペシャル・ナーセリーツアー
三宅花卉園見学会
~次々と革命的な新品種を生み出す三宅さんによるご案内~を終えて

2017年2月26日JGNスペシャル・ナーセリーツアー「三宅花卉園見学会~次々と革命的な新品種を生み出す三宅さんによるご案内~」を終えて

見学前のティータイム

2017年2月26日JGNスペシャル・ナーセリーツアー「三宅花卉園見学会~次々と革命的な新品種を生み出す三宅さんによるご案内~」を終えて

温室内見学

2017年2月26日JGNスペシャル・ナーセリーツアー「三宅花卉園見学会~次々と革命的な新品種を生み出す三宅さんによるご案内~」を終えて

グラジオラス

2017年2月26日JGNスペシャル・ナーセリーツアー「三宅花卉園見学会~次々と革命的な新品種を生み出す三宅さんによるご案内~」を終えて

ゲイソリザ

2017年2月26日JGNスペシャル・ナーセリーツアー「三宅花卉園見学会~次々と革命的な新品種を生み出す三宅さんによるご案内~」を終えて

交配の実演

2017年2月26日JGNスペシャル・ナーセリーツアー「三宅花卉園見学会~次々と革命的な新品種を生み出す三宅さんによるご案内~」を終えて

お土産の花束

 2月26日午後から開催された、記念すべき第1回目のJGNスペシャル・ナーセリーツアー「三宅花卉園見学会」。遠くは宮城県や山形県からもご参加いただきました。見学の前に三宅さんのご自宅のお庭で、奥さまがご用意くださった紅茶やお菓子をいただきながら、三宅さんのこれまでの育種や栽培にまつわるお話を伺ったり、参加者の自己紹介をしたり、和やかな時間を過ごしました。それから移動した温室の中は、冬枯れの露地とは異なり、色とりどりの花々が目を引きます。まだ流通していない増殖中のものや、育種過程のものも。温室の隅々までご案内くださり、さらにはこだわりの土を作っている倉庫も拝見。

 参加者には三宅さんからのお土産で、リュウココリーネやアルストロメリアのかわいらしくて素敵な花束と、ラケナリアのポット苗をいただきました。普段は見学できないナーセリーで、魅力的な植物に囲まれてあっという間に時間が過ぎました。