【終了】2016年9月13日~12月4日(10月23日記念講演会)
『日本の自然を世界に開いた シーボルト』
国立科学博物館

Gadenet(ガデネット) 『日本の自然を世界に開いた シーボルト』国立科学博物館 大場秀章講演

Gadenet(ガデネット) 『日本の自然を世界に開いた シーボルト』国立科学博物館 大場秀章講演

シーボルト没後150年にあたる今年、シーボルトとその関係者が収集した自然史の標本や、標本によって学名が与えられた生物などを展示し、日本の豊かな自然を世界に紹介した、その貢献について紹介します。

期間中10月23日(日)13:00~16:20には、ドイツ・シーボルト家の子孫、C.ブランデンシュタイン=ツェペリン氏、大場 秀章氏秋山忍氏らによる記念講演会も開催されます。申し込み方法など詳細は、本展ホームページをご覧ください。

日本の自然を世界に開いた
シーボルト
公式HP http://www.kahaku.go.jp/
event/2016/09Siebold/
開催期間 2016年9月13日(火)
~2016年12月4日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
(金曜日は午後8時まで)
※入館は各閉館時刻の30分前まで
休館日 毎週月曜日
(月曜日が祝休日の場合は翌火曜日)
※ただし9月26日(月)は開館
入館料 一般・大学生:620円 (団体310円)
高校生以下および65歳以上無料
開催場所 国立科学博物館(東京・上野公園)
日本館1階 企画展示室
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
ハローダイヤル 03-5777-8600
主催 国立科学博物館
後援 朝日新聞社
学術協力 東京大学総合研究博物館、首都大学東京 牧野標本館、ナチュラリス生物多様性センター(オランダ)、ルール大学ボーフム 東アジア学部(ドイツ)、ブランデンシュタイン・ツェッペリン家アーカイブ(ドイツ)
 
記念講演会
日時 10月23日(日)13:00~16:20
会場 国立科学博物館
日本館2階講堂
参加費 無料
(ただし入館料が必要です)
定員 100名
講師 C. ブランデンシュタイン=ツェッペリン(ドイツ・シーボルト家御子孫)、 G. タイセ、M. ファン・オイエン(ナチュラリス生物多様性センター)、 田賀井 篤平、大場 秀章、佐々木 猛智、三河内 彰子(東京大学総合研究博物館)、 岩科 司、秋山 忍、森 健人(国立科学博物館)
開催場所 国立科学博物館(東京・上野公園)
日本館1階 企画展示室
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
申し込み 上野の山文化ゾーンフェスティバル
2016講演会シリーズ

詳細は「講演番号8」をご覧ください
http://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/
torikumi/uenonoyama/koenkai.html

情報提供 東京大学名誉教授・植物学者・
JGN代表理事 大場 秀章
Gadenet(ガデネット)会員情報マイページ:
http://www.gadenet.jp/hideakiohba/