435夜 進化するモス・ローズ~ケンティフォリア系

カテゴリー: ROSE 田中敏夫- ggrosarian

田中敏夫- ggrosarian「バラ咲く庭の物語」より

434夜では、モス・ローズはケンティフォリアの枝変わりとして生じたものだと書きました。
ほとんど不稔と考えてよいケンティフォリア。そうなるとモス・ローズも不稔だと考えるのが自然ですが、販売業者や育種家の努力によって新しいモス・ローズが市場へ出回るようになってきました。

オールド・レッド・モス(Old Red Moss)- 1835年

“オールド・レッド・モス”という名前からはいかにも古い由来の品種という印象を受けますが、現在この名前で出回っている品種がはたして古来のものなのかどうか疑問視するむきがあります。
現在見ることができるオールド・レッド・モスの特徴は以下のようなものです。

中輪または大輪、20弁前後、オープン・カップ型となる花形。
カーマイン・レッド(バーガンディ)とは言い切れませんが、西洋サクランボ色(深いピンク)をさらに深くした花色です。変わった表現かもしれませんが、”薄色バーガンディ”とでも呼びたい気になります。
香りは強くないものの、どちらかというとダマスク系列の香り。
萼、株肌に苔というより小さなトゲといったほうがよい突起が密生します。3m高さを超えていたという記述もありますが中型のシュラブとするのが適切かと思います。

田中敏夫- ggrosarian「バラ咲く庭の物語」より

434夜では、モス・ローズはケンティフォリアの枝変わりとして生じたものだと書きました。
ほとんど不稔と考えてよいケンティフォリア。そうなるとモス・ローズも不稔だと考えるのが自然ですが、販売業者や育種家の努力によって新しいモス・ローズが市場へ出回るようになってきました。

オールド・レッド・モス(Old Red Moss)- 1835年

“オールド・レッド・モス”という名前からはいかにも古い由来の品種という印象を受けますが、現在この名前で出回っている品種がはたして古来のものなのかどうか疑問視するむきがあります。
現在見ることができるオールド・レッド・モスの特徴は以下のようなものです。

中輪または大輪、20弁前後、オープン・カップ型となる花形。
カーマイン・レッド(バーガンディ)とは言い切れませんが、西洋サクランボ色(深いピンク)をさらに深くした花色です。変わった表現かもしれませんが、”薄色バーガンディ”とでも呼びたい気になります。
香りは強くないものの、どちらかというとダマスク系列の香り。
萼、株肌に苔というより小さなトゲといったほうがよい突起が密生します。3m高さを超えていたという記述もありますが中型のシュラブとするのが適切かと思います。

►この記事を詳しく読む

田中敏夫- ggrosarian
公式HP http://ggrosarian.minibird.jp/ 「バラ咲く庭の物語」
Gadenet(ガデネット)
会員情報マイページ
http://www.gadenet.jp/ggrosarian.minibird/
住所 〒290-0141 千葉県市原市ちはら台東2-13-1
TEL 0436-52-5156
担当者名 田中 敏夫
お問い合わせTEL 080-5467-9145
お問い合わせメール tanatoshi@ggrosarian.minibird.jp
備考 週末などに下記店舗にいることが多いです。
(いるかどうかは要問合せ)

音羽建物(株)グリーン事業本部グリーンショップ音ノ葉
〒112-0014 東京都文京区関口2-11-31
TEL 03-3942-0108 FAX 03-3947-1260
URL http://oto-no-ha.jp
►音ノ葉 oto-no-haの会員情報マイページはこちらから