429夜 ホワイト・ガリカ

カテゴリー: ROSE 田中敏夫- ggrosarian

田中敏夫- ggrosarian「バラ咲く庭の物語」より

純白のガリカと呼べるのは、1852年にロベールが育種・公表したしたラ・ネージュ(”雪”)だけだと思っていました。
ところが2016年、オールド・ローズのすぐれたコレクションで知られるドイツのスタウデン・ウント・ローゼン(Stauden und Rosen:”灌木とバラ農場”)からベル・ド・ネージュ(”雪の美”)が公表されました。

農場のコレクションのひとつである淡いピンクのガリカ、アントニア・ドルモアの自家受粉により生じたとスタウデン・ウント・ローゼンでは解説しています。あらたな純白ガリカの誕生です。
 画像から観察する限りでは、花形がよく似ているので遺伝子上近しいのではと感じられますが、ラ・ネージュもベル・ド・ネージュの元品種アントニア・ドルモアともに交配親の情報が残されていませんので、2品種が近しいのかどうかわかりません。

スタウデン・ウント・ローゼンのオーナー、カーリン・シャード(Karin Schade)氏は、
 「いずれもガリカでもない、アルバでもない、ケンティフォリアでもない…」と解説しています。純白のガリカ(?)はやはり”謎のバラ”なのでしょう。

田中敏夫- ggrosarian「バラ咲く庭の物語」より

純白のガリカと呼べるのは、1852年にロベールが育種・公表したしたラ・ネージュ(”雪”)だけだと思っていました。
ところが2016年、オールド・ローズのすぐれたコレクションで知られるドイツのスタウデン・ウント・ローゼン(Stauden und Rosen:”灌木とバラ農場”)からベル・ド・ネージュ(”雪の美”)が公表されました。

農場のコレクションのひとつである淡いピンクのガリカ、アントニア・ドルモアの自家受粉により生じたとスタウデン・ウント・ローゼンでは解説しています。あらたな純白ガリカの誕生です。
画像から観察する限りでは、花形がよく似ているので遺伝子上近しいのではと感じられますが、ラ・ネージュもベル・ド・ネージュの元品種アントニア・ドルモアともに交配親の情報が残されていませんので、2品種が近しいのかどうかわかりません。

スタウデン・ウント・ローゼンのオーナー、カーリン・シャード(Karin Schade)氏は、
「いずれもガリカでもない、アルバでもない、ケンティフォリアでもない…」と解説しています。純白のガリカ(?)はやはり”謎のバラ”なのでしょう。
►この記事を詳しく読む

田中敏夫- ggrosarian
公式HP http://ggrosarian.minibird.jp/ 「バラ咲く庭の物語」
Gadenet(ガデネット)
会員情報マイページ
http://www.gadenet.jp/ggrosarian.minibird/
住所 〒290-0141 千葉県市原市ちはら台東2-13-1
TEL 0436-52-5156
担当者名 田中 敏夫
お問い合わせTEL 080-5467-9145
お問い合わせメール tanatoshi@ggrosarian.minibird.jp
備考 週末などに下記店舗にいることが多いです。
(いるかどうかは要問合せ)

音羽建物(株)グリーン事業本部グリーンショップ音ノ葉
〒112-0014 東京都文京区関口2-11-31
TEL 03-3942-0108 FAX 03-3947-1260
URL http://oto-no-ha.jp
►音ノ葉 oto-no-haの会員情報マイページはこちらから